夏の夜の快眠グッズ

夏の夜の快眠グッズ

今年もいよいよ夏本番。

 

節電は一時期と比べるとほとんど言われなくなったものの、エアコンを一晩中つけておくのは電気代が気なりますよね。

 

暑い夏でも夜はぐっすり眠って疲れを癒したいものです。

 

いつも使っている寝具を見直して、暑い季節も快眠できるものに取り替えましょう。

 

ここでは、暑い夏を乗り切るための快眠グッズについていくつか取り上げます。

 

敷き布団を見直す

 

寝ているときに体と最も接する面積が広いのが敷き布団です。

 

ですから敷き布団が適切なものでないと、快適に熟睡することができません。

 

夏には夏のことを考えた敷き布団を選んで使いましょう。

 

手頃なものでは、肌が触れたときにひんやり感のあるシート状のものがありますが、これは表面に空気を含みやすい構造を持たせることによって、熱気がこもらないようにしています。

 

さらには、暑いときに肌の熱を吸収して温度を下げる特殊素材を使ったものもあります。

 

昔からある、竹を四角く切ってシート状につなげた竹シーツはどうでしょうか。

 

竹は放熱効率が良いので、身体で温められていた所も寝返りを打つとひんやり感がすぐによみがえります。敷き布団の上に敷いて使いましょう。

 

他には、送風機の力で風を送り込むことによってパッド内の熱気と湿気を取り去る、という優れものもあります。

 

枕を見直す

 

頭寒足熱と言われるように、暑い夜は頭を冷やすことは効果があります。

 

昔からの氷枕に代わって、最近はジェルタイプに人気があります。

 

氷枕と機能は同じですが、氷枕はどうしても硬くてごつごつするものですが、ジェルタイプなら凍らしても硬くなることはありませんから、寝心地がずっと良くなりました。

 

季節で掛け布団を替えるのと同じように、枕も夏用に替えてみてはいかがでしょうか。

 

掛け布団を見直す

 

掛け布団は、敷き布団の次に身体と接する面積が広いので、眠りの質を左右する重要なアイテムです。

 

さまざまな特長のものがありますが、例えばガーゼを使用した掛け布団はいかがでしょうか。

 

ガーゼは肌を優しく包んでくれるだけでなく、通気性と透湿性に優れているのでいつもサラサラで蒸れることがありません。

 

 

新しい素材や昔からの素材を工夫した夏の快眠グッズ。

 

それぞれの特長を見比べて暑さを快適に乗り切っていきましょう。

 

次はこちらへどうぞ!
気持ちよく眠れるお布団の条件

 

いつもの布団を見直すなら!
快眠掛け布団ランキング