「お茶」で睡眠改善(2) 最近注目のお茶

「お茶」で睡眠改善(2) 最近注目のお茶

最近注目の、睡眠改善を助けるお茶があることをご存知ですか。

 

いま注目のワサビノキ

 

それは「モリンガ茶」です。

 

モリンガって何?という人のためにちょっと解説します。

 

モリンガは北インド原産で、「ワサビノキ」とも呼ばれる植物です。

 

熱帯、亜熱帯地方に生息しており、どの部分でも食用にすることができ、たいへん親しまれている植物です。

 

日本でも沖縄や九州で栽培されています。

 

豊かな栄養があり奇跡の木と呼ばれる

 

カルシウムは牛乳の20倍、ビタミンCはオレンジの7倍、マグネシウムは卵の36倍、カリウムはバナナの3倍・・などなど非常に栄養価が高く、発展途上国では栄養失調の軽減に利用されています。

 

まさに「奇跡の木」「薬箱の木」と呼ばれるにふさわしい木であることが分かります。

 

睡眠という観点から見てみると、モリンガには非必須アミノ酸「γ‐アミノ酪酸 (GABA)」が玄米の30倍含まれています。

 

GABAというのは神経伝達物質であり、ストレスや運動で分泌されるアドレナリンを抑制する働きがあります。

 

そのためリラックスして安眠効果が得られるというわけです。

 

ほんのりと甘く飲みやすい

 

さらにもう一つ、睡眠改善に役立つお茶をご紹介します。

 

それは「アマチャヅル茶」です。

 

アマチャヅルとは、ウリ科の多年草で、漢字では甘茶蔓と書きます。

 

読んで名の通り、ほんのりとした甘さがあって飲みやすいお茶です。

 

鎮静作用のあるサポニンが豊富

 

アマチャヅル茶には様々な成分が含まれていますが、中でも「サポニン」という成分が多く含まれます。

 

サポニンはマメ科の植物に多く含まれ、大豆に含まれていることをご存じの方もいるかと思います。

 

サポニンには肥満予防、コレステロール値を下げる、血流の改善、免疫力を高める、肝機能を改善することなどたくさんの良い効能がありますが、睡眠に関しては鎮静作用があり、ストレスの軽減に役立ちます。

 

アマチャヅル茶は妊婦や授乳中の人、また糖尿病患者の使用は避けたほうが良いとされています。

 

人によっては、アレルギーを起こす可能性もあるようですので、十分注意し、異常があったら使用を中止するようにしましょう。

 

 

次はこちらへどうぞ!
5-HTPの効果