よく運動するとぐっすり眠れるのはなぜ

よく運動するとぐっすり眠れるのはなぜ

よく動き回った日の夜はスッと眠りについて、朝までぐっすり眠れる経験はだれでもあると思います。

 

経験上、十分疲れたのだから、よく眠れるのは当たり前だと思っているかもしれません。

 

では、活動的だった日やよく運動した日の夜はぐっすり眠れるのはどうしてなのでしょうか。

 

疲労を回復するため

 

睡眠の目的から考えてみれば分かりやすいと思います。

 

なぜ眠るのかといえば、一日使った脳や身体にたまった疲労を回復するためですね。

 

繰り返し活動的に生活し続けるには、人間として越えてはならない限界を越えないよう自動的に機能しているからです。

 

現代人はアンバランスに疲れている

 

現代人は頭はよく動かすものの、身体はあまり動かさないで生活できるようになっています。

 

つまり、脳の疲れ具合と身体の疲れ具合にギャップがあると言えます。

 

この状態では睡眠の質は低下してしまいますから、もっと身体のほうを疲れさせることが必要なのです。

 

それでライフサイクルの中に運動する時間を入れることが大切になってきます。

 

よく運動するとこんなメリットが

 

実は、たまに身体をよく動かす日があっても睡眠の改善にはあまり効果はないと言われています。

 

しかし、習慣的かつ継続的に運動をすると寝つきが改善され、中途覚醒(夜中に目が覚めること)がなくなります。

 

本来、人間は身体も頭も一日よく使っていれば、夜にはぐっすり眠れるようにできています。

 

ですから、日中のうちに、特に午後から夕方にかけてはアクティブに過ごすのが良いでしょう。

 

そうすると体温が高めることができて、体温が低下していく夜に向けて、入眠の理想的な流れを作ることができます。

 

夜に運動しないようにしましょう

 

夜の激しい運動は避けるようにしましょう。

 

夜はリラックスして体温が自然に低下していくことが熟睡には不可欠だからです。

 

運動を午前中にするのも良く、頭がスッキリとして集中力がアップします。

 

頭を使うことは午前中のうちが最適ですから、その前に身体を動かす習慣を組み入れると良いかもしれません。

 

よく運動するとよく眠れるだけではありません。

 

サーカディアンリズム(概日リズム)が整えられて、早寝早起き型へとシフトしていくというメリットもあります。

 

ぐっすり眠れるマットレスなら
快眠マットレスランキング