眠りの質を高め不眠症を改善する【睡眠改善ナビ】

不眠の悩みをお持ちですか?

 

夜、ぐっすり眠りたいと思ってもベッドに入ってからなかなか寝付けなかったり、すぐ目が覚めてしまったりするという状態が続いていますか。

 

朝起きても、寝た気がしないように感じることや、日中頭がボーっとしていることが多いですか。

 

であれば、「不眠症」や「睡眠障害」かもしれません。

 

不眠症に悩んでいる人はどれくらいいるの?

 

ある統計によれば、日本では全国民の約20%が不眠を訴えています。そして、全体の3〜5%の人が睡眠薬を飲んでいると言われています。

 

不眠症人口グラフ

 

年代や性別によっても、不眠症の割合は違ってきますが、一般に男性よりは女性のほうが不眠症の割合が高いようです。

 

女性の場合、女性ホルモンの作用が睡眠に大きく影響を与えることが原因とされています。

 

特に、20代になると生理周期が規則的になっていくため、女性ホルモンが活発になります。

 

それで、例外的に20代女性の割合が高くなっているようです。

 

また、更年期になるとエストロゲンが急激に減少していき、さらにホルモンバランスが崩れていくため、この時期にも睡眠障害になることがあります。

 

さらに人口率を見ていくと、60代を過ぎると割合が急速に高くなっています。

 

これは、体力の低下、脳の機能障害、生活のリズムの変化などに起因しています。

 

とくに仕事を引退した後、人付き合いや外出の頻度が減少していく傾向にあるため、体の様々な機能が衰えていくスピードが加速してしまいます。

 

老化が睡眠に及ぼす影響は大きい、ということをグラフが示していると言えるでしょう。

 

さらに、働き盛りの世代は、比較的割合が低いのですが、ストレスの影響も見過ごせません。

 

仕事によるプレッシャーや残業、生活習慣の悪循環で睡眠負債を抱えてしまうビジネスマンが多いようです。

 

他にも、育児などで、十分な睡眠をとれなくなると育児ノイローゼの危険があることなど、さまざまな影響を受ける年代でもあります。

 

その意味で、多くの読者のみなさんが当てはまるであろうこの年代でも、不眠症の原因になる要素を取り除き、十分な睡眠をとれるようにする環境作りが大切です。

 

さまざまな身近な睡眠改善の対策もありますので、ぜひ取り入れてみてください。

 

本サイトの趣旨

 

このサイトでは、あなたの症状が不眠症にあたるのか、という不眠症の定義から、そのさまざまな原因や、すぐに取り入れられる具体的な対策法まで、ご紹介していきます。

 

専門性の高い医学的な情報も含みますが、できるだけ具体的な例やたとえ話なども使いながら、わかりやすく説明していきたいと思います。

 

不眠症や睡眠障害に関しては、インターネットで調べても、専門的な難しい話が多く、一般の方には理解しにくいものも多いと思います。

 

ですから、このサイトでは、できるだけわかりやすく、理解しやすい説明を意識していきます。

 

また、テーマ別のわかりやすい構成になるように工夫していますので、必要なところから読み進めていってください。

 

そして、あなたの睡眠改善に、少しでも役立てていただければ幸いです。

 

次はこちらへお進みください

 

不眠対策グッズをお探しの方

  • 睡眠改善用サプリメントをお探しの方はこちら
  • マットレスをお探しの方はこちら
  • まくらをお探しの方はこちら
  • 掛け布団をお探しの方はこちら

 

不眠と睡眠改善について知りたい方

  • 不眠の概要と原因について知りたい方はこちら
  • 不眠の対策について知りたい方はこちら